仕組を知って賢く定期預金

おすすめ、ネットバンクの定期預金

銀行が定期預金に提供している金利は、長い間暗かった景気の影響であまり魅力的なものではありませんでした。しかしながら、最近は不安定ながらも、少しずつ景気に変化の兆しが見え、いずれその影響は、金利にも及ぶかもしれません。

株取引や為替取引ほどアグレッシブな利益追求はできないまでも、元本割れを起こさない安全な資産運用として定期預金を検討してみましょう。この預金方法は、どんな銀行も提供していますが、中でも、是非検討したいのが、ネットバンクが提供している定期預金です。なぜなら、ネットバンクの定期預金は、金利が高めであることが魅力だからです。

定期預金に付加される金利は、預金額によって異なります。しかしながら、各ネットバンクの金利を比較してみると、どの金額の範囲についても、オリックス銀行と住信SBI銀行が魅力的な金利を提示しているとされていて、人気を博しているようです。

とはいえ、急に現金が必要になり、定期預金を解約することになった場合の対応は、普通銀行の窓口での対応の方が迅速な場合もあります。もちろん、定期預金の一口あたりの預け入れ金額や、定期預金の口数、満期の設定は自由に選べます。ですから、「オリックス銀行には100万円で3年満期の定期を一口」、「住信SBI銀行には200万円で5年満期を一口」、そして、すぐには必要ないけれど、いざという時のために、近所に店舗がある普通銀行に「100万円で1年満期を二口」というように、色んな銀行に振り分けて定期預金をすることも可能なので、使い勝手の良さを検討して使い分けをしましょう。