普通預金口座は貯金の第一のツール

普通預金の開設方法

快適で効率的なマネーライフを送るにあたって、ネット銀行も含め、自分の生活圏内にある銀行に口座を持つことは必須条件ともいえます。銀行口座にもたくさんの種類がありますが、何はともあれ、まず普通預金口座をすることが基本となります。

その普通預金口座の開設方法ですが、これは用意する書類も多く、窓口が開いている時間に店舗に出向く必要があるため、意外に面倒な手続きです。手続きに何が必要なのかを、事前にきちんと確かめてから銀行に出向くようにしましょう。「店舗に出向くのが面倒」という場合は、インターネットと郵送で口座開設手続きができる銀行が増えていますし、いわゆるネット専業銀行も視野に入れれば、選択肢も広がります。この方法の場合、ホームページから口座開設の書類請求をして、手続き書類が届いたら記入や捺印をし、その他、本人確認書類を揃えて返送します。

インターネットを通しての口座開設は店舗に出向く手間がないという以外、やらなければならないことは同じですし、こういった重要書類を扱う手続きである場合、やはり店舗に出向いて、顔が見える状態で、係の人に色々説明してもらいながら手続きをする方が安心で、確実であるという場合があります。今や多くの銀行がネットバンクのサービスも提供していますから、口座開設後の現金の出し入れ等の手続きはネットでやりたいという人は、店舗運営も行っていて、なおかつ、ネットバンクのサービスも提供している銀行を選びましょう。