普通預金口座は貯金の第一のツール

普通預金とは

普通預金とは銀行に開設できる口座の一つで、要求払預金の一種です。要求払預金とは、預金者の請求があり次第、支払わなければならない預金の総称です。つまり、預金金額の範囲であれば、いつでも、いくらでも、自由に預け入れ、払い出しをすることができ、かつ、元本保証がある預金口座のことを意味します。

銀行への預金につく金利というのは、「どれだけの期間を預金しておいたか」ということが重要になります。このため、普通預金のように、「預金金額の範囲内であれば、自由に出し入れが可能」ということから、普通預金は数ある銀行口座の中でも金利が低いものとなっています。これに加え、自由に出し入れができてしまうということから、貯金をしようと思ってもついつい引き出してしまい、普通預金口座にお金を預け入れることで継続的な貯金をしようと思っても、なかなか上手くいかない利用者が多いようです。ですから、あまり貯金をするためのツールとして使用されるのに適した口座とは言えません。とはいえ、最も基本的な預金口座なため、給与の受け皿的な役割や、家賃や公共料金、クレジットカードの請求料金の支払い等、いわゆる社会との金銭的なつながりとしてのツールとして使用される口座であるといえます。

一度口座開設を済ませてしまえば、預け入れや払い出しには、銀行の窓口へ出向いて行う必要はありません。その口座を開設した銀行の各店舗のATMや、全国にあるコンビニエンスストアに設置されているATMで行うことができます。