名前もユニークなトマト銀行

トマト銀行を便利に使う

メガバンク、ネット専業銀行、そして地方銀行と銀行業を営む企業を数が増えたことによって、金融業界には熾烈な企業競争、顧客争奪戦が起こっています。そんな中で、独自の特徴を打ち出して、数ある銀行の中でも際立って人気を集めるためには、「いかに便利に使えるか」というサービスの面を強化しなければならない状況になっているようです。

名前も企業ロゴもユニークなトマト銀行は、金融業界全体の中では比較的規模の小さい第二地方銀行の一つに過ぎませんが、「便利に使う」というサービスの面ではメガバンクにも負けないくらい多くのサービスを打ち出しています。例えば、今や当たり前になりつつあるクレジットカードとキャッシュカードの機能が一つになったカードとしては、トマト銀行にはMOTTOカードがありますし、トマト銀行をメインバンクとして使用する場合には、「トマトスマイルプログラム」に申し込むことによって、取引状況等がポイント換算され、そのポイントによって各種取引の手数料やローン金利についての優遇措置が受けられます。その他、インターネットで投資信託等の資産運用の取引もできますし、貸金庫も利用できます。ペイ・イージーにも対応してもらえるので、税金や電話料金、ガス料金や電気料金等の光熱費、NHKの受信料、各保険会社に対しての保険料の払い込み等についても一括して、このトマト銀行に作った代表口座から行うことができます。

銀行利用を考えた時に、手っ取り早く最寄りのメガバンクに口座を開設してしまいがちですが、トマト銀行のようなユニークな銀行名やブランドイメージを持っている銀行なら、ただそれだけで利用するのが楽しくなりますし、規模こそメインバンクよりも小さいものですが、使い勝手もいいので、メインバンクにするには充分な銀行であるということができます。